退職金の備えを考えている
 
毎月定額の掛金で計画的に退職金の準備をしましょう
 
特定退職金共済制度
 
特定退職金共済とは毎月定額の掛金で将来支払うべき退職金が計画的に準備のできる共済です。退職金制度の確立は従業員の確保と定着化をはかり、企業経営の発展に役立ちます。

■掛金

■給付金
退職給付金
加入従業員(被共済者)が退職したとき支払われます。
遺族給付金
加入従業員(被共済者)が死亡したとき支払われます。1口あたり10,000円を加えた遺族給付金が遺族に対して支払われます。
退職年金
加入従業員(被共済者)が加入10年以上で退職したとき、希望により退職年金が10年支払われます。
※この制度の給付金の受取人は加入従業員(被共済者)です。なお、本人死亡のときは労基法施行規則に定める遺族補償の順位によります。


■解約手当金
やむを得ず途中で契約を解約した場合、解約手当金(退職給付金と同額)が、加入従業員(被共済者)に支払われます。


※詳しい制度の内容、ご相談がありましたらお気軽にお問合わせください。

お問合せ先


新井商工会議所
TEL:0255-72-2425
FAX:0255-73-7525