2023年10月からスタート予定のインボイス制度。消費税の納税対象でないからと、自社は対象外と思っていませんか?現在、消費税を申告していない方でも対象となる可能性があり、自社の取引に影響が大きくでてくる事が考えられます。まずは、制度の概要と自社が対象となるか確認を!
 当所では、セミナー開催やご相談に応じています。以下のマニュアル等を参考にしていただき、登録をすすめてください。

インボイス制度とは

 「インボイス」は通称ですが、正式な名称は「適格請求書等保存方式」です。消費税に関連する制度です。
 「適格請求書」というのは、消費税の税率や税額を正しく区分して記載した請求書のことです。海外では、請求書のことを「Invoice」とよく表現しますが、これを日本語読みして「インボイス」と呼んでいます。
 2023年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が開始され、適格請求書(インボイス)を発行できるのは、「適格請求書発行事業者」に限られます。この「適格請求書発行事業者」になるためには、登録申請書を提出し、登録を受ける必要があります。

適格請求書(以下インボイス)とは

インボイス制度が始まるとどうなる

あなたの会社は対象?確認フローチャート

【参考】事業形態別のメリット・デメリット

補助金

 インボイス制度に対応した、会計ソフト・請求管理・受発注ソフトなども対象です。自社にあったツールがわからないので相談したいという、ご相談にも対応します。

 

 免税事業者であった事業者が、新たにインボイス発行事業者として登録し、販路開拓に取り組む小規模事業者に対して補助上限額100万円に引き上げされます。

制度案内・マニュアル(ダウンロード)

 「今すぐ確認!中小企業・小規模事業者の為のインボイス制度対策」(日本商工会議所)